2018年 つみたてNISAで投資する商品はこれに決めました。

2018年からつみたてNISAが始まりました!各運用会社から様々なつみたてNISA向けの投資信託が出されていたので、去年後半からどの投資信託を買おうか悩んでましたが、色々考えた結果、決まりましたので書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

つみたてNISAで購入する商品は3つ

つみたてNISAで購入する投資信託は以下3つにしました。

  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

基本的には先進国株式、新興国株式、日本株式の最安レベルのインデックスファンドを個別で買うことにしました。

一時期、楽天・全世界株式インデックス・ファンドがでた際には、テンションが上がりすぎて、これ1本で全世界へ投資できるなら、これでいいかなと考えた時もありましたが、各インデックスファンドを個別で買うほうに落ち着きました。

そう決めた理由は2つあって、ETFを買う形式である楽天・全世界株式インデックス・ファンドは実質コストがハッキリしないのと、既に個別でインデックスファンドを組み合わせて投資しているので、リバランスすることを考えた時に個別インデックスと全世界インデックスを持つとややこしいかなと思い取りやめた次第です。

2018年から積立投資を始めてたならば、楽天・全世界株式インデックス・ファンドを買っていたでしょう。

それに個別インデックスを積み立てるほうがDIY感もあっておもしろいし、各株式市場のリターンを投資を通じて肌で感じてみたいし、そのうち資産配分を大きく変える時も来るかもしれないので、個別でインデックスファンドを買っていたほうが臨機応変に対応できます。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドがでた際にテンションが上がり過ぎてこんな記事も書いています。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドが気になって仕方ない

つみたてNISAで購入する商品の説明に戻りますが、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、先進国株式、新興国株式で買うeMAXIS Slimシリーズについては、最安のインデックスファンドシリーズです。

何よりもすごいのは、他運用会社でeMAXIS Slimシリーズよりも低コストの商品が出たら、それよりも安くするというインデックスファンド最安を目指す商品です。まるでスーパーマーケット界のOKストアのようですね。

しかもeMAXIS Slimシリーズが発売されてから、何度か有言実行で信託報酬(継続的にかかるコスト)を下げています。

まさに有言実行ですね!これからも有言実行で低コストで運用してくれるだろうと信じ、eMAXIS Slimシリーズを買うことにしました。

日本株式インデックスファンドについては、先進国株式、新興国株式に比べて現時点でeMAXIS Slimシリーズの優位性が感じられないため、実績もあり、コストも比較的安く、純資産額も大きく安定的に運用している三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドを買うことにしました。

まだ2018年つみたてNISAは始まったばかりですので、これからまた色々と状況が変わるかもしれませんが、とりあえずは今年はこの3つのインデックスファンドをつみたてNISAで購入していきたいと思います。

スポンサーリンク

その他のインデックス投資、節約、転職などのブログに興味がありましたら、以下よりどうぞ。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です