移管後の確定拠出年金の運用方法について悩んでるって話

%e8%bb%a2%e8%81%b7%e5%be%8c%e3%81%ae%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e6%8b%a0%e5%87%ba%e5%b9%b4%e9%87%91

10月から再就職するにあたり、今後の確定拠出年金の運用方法について悩んでます。

確定拠出年金を知らない場合は、以下の記事で書いていますので、参考になさって下さい。

長期投資をするならば使わない手はない!利益が非課税、節税も可能な確定拠出年金制度とは?

前職では確定拠出年金(企業型)があったので、退職後に移管し現在は確定拠出年金(個人型)で資産運用しています。

転職先に確定拠出年金(企業型)があるため、再度、個人型から企業型へ資産を移管する形になります。

それで何を悩んでいるのかというと、現在、前職から確定拠出年金を移管手続をすることで保持していた投資信託が解約され、定期預金へ変わっています。(移管した資産は基本的には、初期設定として定期預金へ資産が移されます)この定期預金となった資産をいつ投資信託などのリスク資産へ戻そうか迷ってるんです。

投資の資産配分は確定拠出年金口座と特定口座含め全体でしていましたので、確定拠出年金が定期預金となり、投資全体の資産配分が目標とかけ離れているので、資産配分を元に戻すため、早く定期預金を投資信託へ戻したいという思いもあります。

しかしながら、現在の不安定な株式市場を見ると、まとまったお金を一気に投資信託へ振り分けることはリスクがあると思ってます。合理性を考えるとまとまったお金があった場合、まとめて投資へまわしたほうがよいことはわかってますが、不安定な株式市場を見るとなかなかエイヤ!できないですね。

そこで今考えているのは、投資で儲けるには安く買って高く売るが鉄則なので、ある程度株式市場が下がったタイミングで何回かに分けて買っていくというものです。

2013年にアベノミクスが始まり最初は期待感から株式市場も高値をつけていましたが、なかなか当初目標を達成できない状況をみて、現在は不安定な状況が続いています。今の状況から見て、更に株式市場が現状以上に下がることもあり得るので、これ以上は下がらないだろうと自分で思ったタイミングで買うのです。

そうすれば投資信託の高値掴みもないですし、その後も多少下がったとしても、またそのうち株価が上がる時が来ると信じて待つことができます。

資産配分が崩れている件については、特定口座で積立配分を変えたりして少しずつ理想のポートフォリオへ近づけていこうと思ってます。

悩んでるといいつつも、ブログを書いてる中で解決できそうな気がしてきました笑。

それにしても、確定拠出年金を移管する際には、一度運用資産を解約して現金へ換えないといけないのは微妙ですねぇ。株式市場の状況によって損益も変わってきますし。こうやって一度定期預金になるので、再度投資するタイミングを測らないといけないですしね。既に持っている投資信託をそのまま移管できれば一番いいのですが。。

とりあえずそんな感じで確定拠出年金の話は以上です。

スポンサーリンク

その他のインデックス投資、節約、転職などのブログに興味がありましたら、以下よりどうぞ。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です