どうすれば自己肯定感を高めることができるのか

自己肯定感

おはようございます。モッカイロです。

今回からは、投資とは別にストレスに立ち向かう方法について、記事にしていきたいと思います。

自分自身がストレスにより休職したことがあり、ストレス耐性を上げる方法を学んだりしていたので、少しでも参考になればと思います。

今回は自己肯定感が低くなった時の対処方法について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも自己肯定感とは

そもそも自己肯定感とは何でしょうか?調べると以下のように出てきます。

「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在だ」と思える心の状態。自分を肯定している感覚、感情などを指す。 対義語は、「自己否定感」。幼少期の生活・教育環境によって大きく左右されると考えられており、教育上の重要な要素だと考えられている。 自己肯定感が低いと自信が持てず。他人にどう見られているか気になり、他人の言動に過敏に反応してしまうとされている。 自己肯定感が高い:心の受容が大きく、少々のことではめげない。意欲的に人間関係を築くことができる。 自己肯定感が低い:自信喪失、委縮。自己否定的。

引用元:はてなキーワード

引用にある通り、自己肯定感が高いと少々のことではめげず、ストレス耐性が強いということになります。なので、自己肯定感を高めることが必要なのです。

私は自己肯定感は低いほう

私は元々自己肯定感が低いほうです。自分に自信がないと置き換えてもよいかもしれません。

小さい頃からそうでした。おそらく小さい頃の家庭環境によるものなのでしょう。 ?

しかし小さい頃の経験をずっと引きずっていても、自分の人生楽しく生きれないので、自分を少しずつ変えたいと思ってます。

休職することになった時の心境

特に今回のような体を壊し休職する事態になると、自己肯定感はとても下がりました。本当に。特に今回については、自分の人生に関わることだったので、とても自己肯定感が堕ちました。 ?

ストレスで体を壊すなんて自分はなんて弱い人間だとか、もうこの競争社会で生きていけないんじゃないかなど、暗いことをたくさん考えました。 ?

またどうやってこれから生きて行くのかということは、とてもよく考えました。会社に戻って働いても、同じように体を壊す可能性もある。そんな働き方をしていれば、また体を壊し成果も上がらず給料も下がっていくだろう。 ?

しかし、働かなければ、お金を稼がなければ、この資本主義経済を生きてはいけない。ではどう生きていけばいいのか。などなど。本当に色んなことを考えました。

ですが、考えても考えても答えは出てこない。それは考えるばかりで何も行動していなかったからです。今ではわかります。自分の将来を不安がって今を見つめている限り、何も変わりません。

大切なのは、少しでも行動すること

不安な今を見つめるのではなく、少しでも前を向くこと。

現状の不安を少しでも払拭するために、少しでも自分が興味を持ったこと、やってみたいことに対して、少しでも行動を起こしてみる。

そういった積み重ねが自己肯定感を高めることや、自分の自信に繋がって行くんだと。 ?

それからは自分が興味のあることに対して行動を起こしていきました。 ?

  • 知っている人が1人もいない投資交流会に行ってみる
  • 生き方に興味を持った著者がやっているbarに行ってみる
  • 自分が興味がある仕事している人にアポイントを取って実際に会って話を聞いてみる
  • 自分が興味がある農業を実際に農業体験に行って体験してみる
  • 興味を持ったインターネットでできる副業を実際にやってみる??

など

そうすることで少しずつ自己肯定感を高めることができ、自分に対する自信を取り戻して来た気がします。

毎日少しでも小さくてもよいので、行動してみること、そのことがとても大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。このストレス社会で生きていくには、自己肯定感を高めることはとても大切なことです。

自己肯定感が低くなった時はやる気が起きないと思った時でも、少しでも行動すること、そのことを積み重ねてみてください。そうすることで自己肯定感が高まっていきます。

スポンサーリンク

その他のインデックス投資、節約、転職などのブログに興味がありましたら、以下よりどうぞ。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です