休職経験者の転職は厳しいのか

休職経験者の転職事情

あいも変わらず転職活動ばかりしてます。

2月から転職活動してるので、休み期間含めると5カ月は転職活動してます。会社を辞めた当初はこんなに転職活動が長引くとは思わかなったなぁ。

最近は気になる求人があれば、会社の口コミを見て評判を確認して、ブラック企業そうでなければ、応募してということが続いてます。ただ書類選考が通らない通らない。

35社位応募して、30社は書類選考で普通に落ちます。大変厳しい状況です。休職を履歴書へ記載していない時には、40,50%は書類選考で通っていたものが、履歴書へ休職を記載した途端、書類選考通るのは5%行くかいかないか。

休職経験者に対する社会の厳しさを感じます。無職期間が長引いていることも選考が通らない原因なのかもしれませんが。

もう少し今のまま転職活動を続けてみますが、就職先が見つからない状況が続けば、よいことではないですが、休職の事実を伏せて転職活動をするしかないのかもしれません。それか正社員ではなくバイトや派遣社員という働き方で生きていくか。

休職の事実を履歴書に書かないというのは、事実を偽っていることになるので、よくないことだと思うのですが、それでずっと働けなければ、生きてはいけませんからね。だから休職の事実を隠して転職活動をする人の気持ちはとてもよくわかります。

正しいことは、履歴書に事実をありのままに書くこと。そうはわかっているのですが、事実を書くことで、働き先がずっと決まらないのは本当に厳しいです。だから偽るしかないのか。自分の中でとても葛藤があります。

一度休職していないという嘘をついたら、その嘘がバレないように嘘をまたつく必要があります。あまりやりたくないんですがね。自分が嘘をついたりするのが大嫌いだからというのもありますが。ただ生きるためには仕方がないと割り切るしかないのか。

とりあえずもう少し休職の事実は隠さず、転職活動を続けていこうと思ってます。

スポンサーリンク

その他のインデックス投資、節約、転職などのブログに興味がありましたら、以下よりどうぞ。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です