積立投資をする際には定期的なリバランスが必要

リバランス

おはようございます。モッカイロです。

今回は積立投資をするにあたり必要な考え方であるリバランスについて、お話したいと思います。

スポンサーリンク

そもそもリバランスとは?

そもそもリバランスとは何でしょうか。ネット上を調べると以下のようにでてきました。

リバランス(Re-Balance)とは、投資用語としてはポートフォリオによる運用を行う場合に、相場環境の変動などにより変化してしまった投資配分比率を調整することを指す。例えば、株50%、債券50%のポートフォリオで運用してきたが、株価上昇により株60%、債券40%となったため、一部の株を売却し、債券を買い足すなどの行為をリバランスと呼ぶ。

引用元:金融経済用語辞典

引用元に書いてある通り、当初設定していた資産配分より割合が変わってしまった場合に、各資産のバランスを整え直すため、株や債券を買ったり売ったりする行為自体のことを示しています。

なので、毎月インデックスファンドの積立投資をしているだけではダメなんですね。

なぜリバランスが必要なのか?

ではなぜリバランスが必要なのでしょうか? ? ?

これは過去の統計が示しているのですが、リバランスをしないと、投資で得られる利益(リターン)と投資で損をするリスクが悪化するためです。 

先ほどのリバランスの引用元の説明にもあったように、当初、株50%、債券50%の資産配分だったのに、株価上昇で資産配分が株60%、債券40%となってしまうと、株の割合が+10%多くなってしまうので、それだけ、リスクを負った運用をしていることになってしまうのです。

リバランスは年に何回すればよいのか?

ではリバランスは年にどの程度する必要があるのでしょうか? ? ?

これは一概には何回とは言えないですが、投資本を読むとだいたい年に1,2回と勧めていることが多いです。

その根拠としては、リバランスの回数ごとに投資で得られるリターンを測定した結果、1,2回のリバランスがリターンが高いことが多いからのようです。 

私は年に2回リバランスの確認をしており、資産配分が誤差±5%以上あった場合にリバランスをするようにしています。

あと気を付ける必要があることは、リバランスを多くしすぎてはいけないということです。

なぜなら、リバランスをした回数だけ、株や債券を買ったり売ったりする必要がありますので、その売買手数料や利益が出ていれば税金がかかります。その結果、リターンを低下させることになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。リバランスをすることで、当初見込んでいたリターンやリスクを損なわず長期的に運用できるようになります。 

また、リバランスを行うことで資産配分比率が高くなった商品を売り、低くなった商品を買う作業が機械的に出来るため、投資の鉄則である、「安いものは買い、高いものは売る」という行為を意識することなくすることが出来ます。 

積立投資をする場合は自分で資産配分のリバランスをする時期を決め、定期的にリバランスをするようにして下さい。これから積立投資を始めてみたいという方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

その他のインデックス投資、節約、転職などのブログに興味がありましたら、以下よりどうぞ。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です