投資初心者は何から投資を始めればよいか?

fe4ce1df9e444876113bcc2dbaff312c_lおはようございます!モッカイロです。

私自身も本格的に投資を始めて2年と少し足らずですが、自分の経験からも思う、初心者は何から投資を始めればよいかということを改めて整理したいと思います。

スポンサーリンク

投資対象の金融商品はたくさんある

 投資対象の金融商品は、個別株式や投資信託、債券、FXなど他にも様々な種類があります。どの金融商品へ投資するにしても、リスクはそれぞれあります。 

個別株式やFXにしても、個人で運用するとなると、投資に関する様々な勉強が必要です。

また、プロが運用している金融市場で、初心者が同じフィールドで戦うことは、運転免許を持っていないドライバーが道路を運転するようなもので、大変リスクを伴います。

そんな中で初心者は何から投資すればよいのでしょうか? ?

投資信託から始めよう

そこで、投資信託から運用を始めることをオススメしたいと思います。

なぜならば、投資信託は、資産運用を自分の代わりにプロにやってもらうことになり、初心者がいきなり運用するよりは、低リスクで資産運用を始めることができるからです。

また、投資信託は特定の株への投資とは異なり、実質様々な株式へ投資する形となるため、分散投資をすることと同じこととなり、リスク軽減にも非常に役立ちます。

また、個別株式などでは、自分が買いたい株が50万だったりして、高くて買えないということもありますが、投資信託については、1000円単位で買うことができるものもあるため、まとまったお金がなくとも少額から投資が可能です。

たくさんある投資信託の中で何を選べばよいのか

?日本の投資信託は、10000万本近くあると言われています。そんなたくさんある投資信託の何を選べばよいのでしょうか。

ここではインデックスファンドをおススメしたいと思います。

そもそもインデックスファンドは何かという話ですが、投資信託には、大きく分けてアクティブファンドとインデックスファンドの2つの種類があります。 

それぞれを簡単に言うと、アクティブファンドは、平均点以上を目指すファンドで、インデックスファンドは平均点を目指すファンドとなります。

それではなぜ、平均点を目指すインデックスファンドを勧めるのかという話ですが、これは過去の投資結果が証明している事実ですが、アクティブファンドの6割以上がインデックスファンドに負けているためです。 

結局、株式市場はランダムで変動する市場であり、継続して何度も利益を上げ続けることは極めて難しいことをこの事実が示しています。 

投資信託の中でのアクティブファンド、インデックスファンドの割合は9:1のため、これで投資対象とする投資信託はだいぶ絞れてきたと思います。 

具体的にどの投資信託へ投資したほうがよいとまでは言いませんが、興味がありましたら、「インデックスファンド おすすめ」などのキーワードで検索してみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。投資初心者でも気軽に始められるのが投資信託のインデックスファンド投資だと思っています。 

私自身、投資をしたいけど、何からすればよいのかということは投資を始めるときにものすごく考えました。 

投資を初めている今では、インデックスファンド投資をしてよかったと思っています。 

なぜなら、インデックスファンド投資は短期的な利益に一喜一憂することなく、長い目で見て長期的に投資をするという心構えで行うことが出来る投資だからです。 

それが一番の利点かもしれません。 

スポンサーリンク

その他のインデックス投資、節約、転職などのブログに興味がありましたら、以下よりどうぞ。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です