久しぶりに積立投資の資産配分を変更してみた。

最近、資産運用の資産配分について考えることが多かったので、思い切って理想とするインデックス積立投資の資産配分を変えることにしました。

資産配分に絶対の正解はないということで、年齢、性別、リスク許容度など、様々な条件によって、人それぞれ、個性のある資産配分があります。

また、現代ポートフォリオ理論では、投資の成果の8割が資産配分で決すると言われるほど、大切なものなのです。

インデックス積立投資を始めた頃は、リターン、リスクを算出してくれるツールでなんとなく、資産配分を決めてやってましたが、既に3年が経過。

もう少しリスクを取って投資をしていきたいという気持ちが強くなってきたのでしょう。どのような資産配分になったのか、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

変更前の資産配分は?

MyINDEX 資産配分ツールにて作成したポートフォリオです。債券比率50%、株式比率50%の保守的な資産配分でした。

基本的には日本債券を守りの資産とし、各株式については、時価総額ベースで割合を決めて資産配分をしていました。

投資を始めた当初はリスク許容度が低かったため、こういったポートフォリオになりました。

変更後の資産配分

見てわかる通りそこまで変わりません笑。先進国債券を10%削った分、REIT(不動産投資信託)を新たに10%追加しています。

以前より少しリスクを取って投資しているという感じですかね笑。

なぜREITを新たに資産配分に加えたかというと、インデックス投資のバイブルと呼ばれるウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理でこれからの資産配分にはREITも必要だと書かれていたため、前々からポートフォリオに入れたいと思っていたものを、やっと入れたという感じです。

資産配分としては、ほとんど変わらず、少し前よりリスクを取るようになっただけですが笑。この資産配分でインデックス積立投資を続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

その他のインデックス投資、節約、転職などのブログに興味がありましたら、以下よりどうぞ。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です